2015年9月27日日曜日

ヨーロッパの電力会社・ガス会社BEST10

電力事業・ガス事業の自由化を契機に、ヨーロッパでは電力会社とガス会社の集約が進んだ。アメリカ合衆国と異なり、ヨーロッパでは国営企業が電力事業とガス事業を担っていた国が多く、国営企業の民営化と相次ぐ合併、買収を経て、ヨーロッパには複数の巨大な電力・ガス会社が誕生することとなった。これらの企業は海外の電力会社・ガス会社の買収に乗り出しており、電力・ガス業界の世界的な再編がヨーロッパを中心に今後進んでいくと思われる。米フォーチュン誌の世界企業ランキング(売上高)「Fortune Global 500」の2015年度版より、ヨーロッパの電力会社・ガス会社BEST10を紹介する。

1位 E.ON(ドイツ)
ヨーロッパ最大の電力会社にして、世界でも屈指の大企業。石油メジャーの存在しないドイツにおいては最大のエネルギー事業者でもある。ドイツの電力自由化を契機として、2000年にプロイセン電力とバイエルン電力が合併して成立した。ニーダーザクセン州、ヘッセン州、バイエルン州などドイツ中央部に基盤を置く。2003年にはドイツのガス最大手ルールガスを買収して、ガス事業にも参入。さらにスウェーデン、イギリス、アメリカ合衆国の電力会社を次々と買収し、多国籍エネルギー企業へと変貌を遂げた。福島第一原子力発電所の事故以降、ドイツ政府が脱原子力と再生可能エネルギーの更なる積極的な導入に舵を切ったことで、近年E.ONは原子力発電所の廃炉と火力発電所の稼働率低下という問題に悩まされている。しかし、E.ONは発電量の大半を占める火力発電と原子力発電の部門を新会社に移行し、今後は再生可能エネルギー、送配電事業、顧客サービスに特化する経営戦略の大転換を行うことでドイツのエネルギー革命に対応しようとしている。

2位 Enel(イタリア)
イタリアの国有電力会社として発足し、1999年に民営化。電力自由化後もイタリア国内で圧倒的なシェアを占め、ドイツのE.ONに次ぐヨーロッパ最大級の電力会社。イタリアではチェルノブイリの事故を受けて、現在は原子力発電所が一基も運転していないため、電源構成の中心は火力発電である。ただし、Enelは価格競争力を得るため、フランスのEDFから原子力発電所の電力を購入している。スペイン最大手の電力会社Endesaの大型買収に成功し、イタリアの他にスペイン、ラテンアメリカ諸国で電力事業を展開している。

3位 GDFスエズ(フランス)
フランスの国有ガス会社として発足し、2008年にエネルギー大手スエズとの合併を経て、現在はガス事業の他に電気、水道と公益事業を広く手がけている。スエズは名前の通り、レセップスが設立したスエズ運河会社が前身となっている。フランスのガス事業において圧倒的なシェアを占める他、原子力発電を中心とするEDFに対して、GDFスエズは再生可能エネルギーに力を入れている。ベルギーの電力大手エレクトラベルを傘下に持ち、ヨーロッパのエネルギー事業者としてはドイツのE.ONに次ぐ規模を誇る。2015年に社名をEngieに変更した。

4位 EDF(フランス)
フランス電力。第二次世界大戦後にフランスの国有電力会社として発足し、2004年に民営化。現在もフランス政府が株式の大半を所有しており、電力自由化後もフランス国内で圧倒的なシェアを占めている。また、上位3社と同様に海外の電力会社を積極的に買収しており、ドイツの四大電力会社の一つEnBW(バーデン・ヴェルテンベルク・エネルギー)を傘下に持つ。フランスといえば原子力発電だが、その原子力発電所を運営しているのがEDFである。一方、火力発電の割合が極端に低く、特異な電力会社である。福島第一原子力発電所の事故を受けて、フランス政府は原子力発電への依存度を減らす方針であり、EDFも対応が求められている。

5位 RWE(ドイツ)
ライン・ヴェストファーレン電力。E.ONに次ぐドイツ四大電力会社の一つ。E.ONに対抗して、ライン・ヴェストファーレン電力が周辺の電力会社を吸収合併する形で成立した。ノルトライン・ヴェストファーレン州、ラインラント・プファルツ州などドイツ西部に基盤を置く。イギリスの電力会社、アメリカ合衆国の水道会社などを買収し、E.ONと同様に積極的に海外で公益事業を展開している。E.ONと同じく今後は再生可能エネルギーの導入に注力することで、ドイツ電力業界の厳しい情勢を乗り越えようとしている。

6位 SSE(イギリス)
スコティッシュ・アンド・サザンエナジー。イギリスではフランスやイタリアと異なり、電力自由化後に国営企業であった中央電力公社が送電会社のナショナル・グリッドを残し、複数の発電会社と配電会社に分割された。その結果、小規模に分割された電力会社は次々にヨーロッパの巨大電力会社に買収される憂き目を見た。イギリスの電力業界は六大グループに集約されたが、E.ON系のE.ON UK、RWE系のRWE npower、EDF系のEDF energy、スペインIberdrola系のScottish Powerが大手の地位を確立し、イギリス企業はSSEとCentricaのみとなっている。

7位 Centrica(イギリス)
イギリスの国有ガス会社として発足し、電力自由化後は電力事業に参入した。現在ではイギリスの六大電力会社の一角を占める。日本でいうと東京ガスみたいな感じか。

8位 Iberdrola(スペイン)
バスク地方に本拠地を置く電力会社で風力発電に強みを持つ。風況の良いスペインでは風力発電の導入が進んでおり、発電量に占める割合は風力発電が原子力発電を抜いて一位となっているが、その風力発電の積極的な導入に努めているのがイベルドローラである。水力発電所、原子力発電所も運営しており、二酸化炭素排出量の少ない電源構成となっている。イギリスのスコティッシュパワーを買収するなど、海外進出も積極的に進めている。

9位 Gas Natural Fenosa(スペイン)
スペイン最大手のガス会社Gas Naturalがスペインの電力自由化後に電力事業に進出。天然ガスのコンバインドサイクル発電に強みを持ち、Endesa、Iberdrolaに次ぐスペイン第三位の電力会社Union Fenosaを買収して、スペインの電力大手としての地位を確立した。

10位 EnBW(ドイツ)
バーデン・ヴェルテンベルク・エネルギー。ドイツ四大電力会社の一つでドイツ南西部に基盤を置く。隣接するフランスの影響下にあり、EDFの傘下に加わっている。

また、BEST10にはランクインしなかったものの、小国スウェーデンの電力会社Vattenfallもヨーロッパの電力自由化を機に成長を遂げた企業である。スウェーデンの国有電力会社で、スウェーデン国内では主に水力発電所と原子力発電所を運営している。電力自由化後のドイツで次々と電力会社を買収し、旧東ドイツ地域で圧倒的なシェアを確保するに至り、現在ではドイツ四大電力会社の一角を占めている。三十年戦争でドイツを席巻したグスタフ2世アドルフを彷彿とさせる企業で興味深い。

日本の電力会社だと東京電力が6位、関西電力が10位にランクインする規模である。ヨーロッパ諸国は人口規模で日本に劣っており、最大のドイツでも日本の2/3、フランス、イギリス、イタリアは日本の半分の人口しかいない。それにも関わらず、日本の電力大手を超える規模の電力・ガス会社が複数存在している。日本は電力会社とガス会社が過剰に存在しており、ヨーロッパのように電力自由化を契機として合併と買収を通じた業界再編が進むことを願う。さもなくば、日本の電力市場とガス市場がこれらヨーロッパの大企業に奪われる日も遠くない。

2015年9月23日水曜日

国内最大級のスマートシティ 藤沢SSTの問題点

スマートシティというと、日本では横浜市、豊田市、けいはんな学研都市、北九州市の4地域が実証実験が行われているエリアとして有名だが、神奈川県藤沢市にもパナソニックによってスマートシティがつくられているということで行ってみた。藤沢サスティナブル・スマートタウン、略して藤沢SSTで、2014年11月に街開きをしたばかりである。

藤沢SSTはJR東海道線藤沢駅と辻堂駅の中間地点に位置する。駅から徒歩25分と歩くには若干遠い距離だったため、バスで向かった。藤沢SSTという名前のバス停ができており、バス停の目の前には真新しい住宅街が広がっている。戸建住宅オンリーで全て屋根に太陽光パネルが載っており、白系統の色で壁が統一されているのが特徴的である。各家屋には太陽光パネルだけでなく、エネファームが設置されており、太陽光とコージェネレーションのダブル発電となっている。無電柱化されており、悪くない街並みであるが、どこを見ても家と家の間隔が狭く、窮屈そうな印象を受けた。また、太陽光を遮らないようにするためか、樹木がほとんど見当たらず、緑の少ない街並みとなっているのが残念。ただでさえ隣家との間隔が狭いのに、間を遮る樹木が無いためプライバシーの面でも問題のある設計だと思う。このぎちぎちの家屋に6000万円も出すのはどうなんだろう。




藤沢SSTの入口には目玉である湘南T-SITEが存在する。蔦屋書店を中核とする商業施設で、カフェや雑貨屋と本屋が融合した形態となっており、この日も多くの客で賑わっていた。湘南T-SITE沿いの歩道にも太陽光パネルが設置されている。太陽光パネルを設置するより、街路樹を植えた方が街並みとしては良くなるんだろうけど…。
 


 住宅街の中心には公園があり、EVのカーシェアリングができるスペースもあった。日産リーフと急速充電器のある公園。かっこいい。ただし、台数が少なすぎて、ほとんどの家庭は自家用車を持っているのではなかろうか。公園も相変わらずの太陽光パネル尽くしだが、緑が少なくて殺風景な感じ。





藤沢SSTはパッと見では先進技術を取り入れた綺麗な新興住宅地だが、元々はパナソニックの工場があった土地である。工場跡地だけあって、住宅街には本来適していない土地である。藤沢SSTの北にはJR東海道線、南には幹線道路が通っている。電車が通ると住宅街まで音が響き、幹線道路も交通量が多いため、騒音と排気ガスの問題は覚悟しなければならないだろう。

また、この住宅街は子供のいるファミリー層を対象としているように思われるが、お父さん目線で見ると立地は明らかに悪い。近くに湘南モールフィルがあるため、お母さんのショッピングには便利そうだが、最寄駅までのアクセスが悪く、藤沢から東京まで東海道線で50分以上かかるため、都心まで通勤するお父さんは大変である。

国内最大級のスマートシティとして注目を集めているが、所詮は電機メーカーの街づくりであって、あまり良い街とは言えない。三菱地所を筆頭とする大手ディベロッパーの街づくりとはレベルが違う。三井不動産も藤沢SSTの事業に参画しているみたいだけど、あまり発言力がなかったのだろうか。これだけの規模であれば、各戸にエネファームを設置するのではなく、街全体で統一したコージェネレーションシステムをつくり上げることもできたのではないか。デザイン的にも各戸にエネファームを取り付けるより整然とするように思われる。藤沢SSTはスマートハウスを密集させただけで芸のないつくりとなっている。

2015年9月16日水曜日

青森・秋田旅行記録

◆9/12(土)角館・田沢湖・乳頭温泉
寝坊して8時半過ぎに仙台を出発。東北自動車道で角館に向かう。秋田自動車道に入ってから車線が一つになり、追い越しができなくなる。10時到着を予想していた角館には結局12時頃に到着。角館駅前の田町山駐車場が無料なので、そこに駐車する。田町山駐車場から武家屋敷のある通りまでは徒歩15分くらいかかるが、武家屋敷の近くにある駐車場は有料なので要注意。

角館を治めていた蘆名家は元々は会津の大名であったが、常陸の佐竹家から当主を迎えた縁があり、伊達家に追放された後は佐竹家に従い、佐竹家の秋田移封によって蘆名家も角館に移った。佐竹家が豊臣陣営であったためか、秀吉好みの黒塗りの武家屋敷が立ち並ぶ。武家屋敷は無料で入れる所と、有料の所があるので注意が必要。角館は桜の時期が有名だが、人の少ないこの時期は落ち着いた雰囲気を楽しめる。角館は樺細工が有名で、工芸品を見たりもした。




稲庭うどんを食べて角館を出発する頃には14時を過ぎており、乳頭温泉に着く頃には15時半になっていた。日帰り入浴の時間が15時までとなっている鶴の湯は諦めて、16時半まで開いている蟹場温泉に行く。サワガニのいそうな渓流沿いに無色透明の温泉が湧いていた。なお、大きな露天風呂は混浴だが、女性が入れる雰囲気ではなかった。



乳頭温泉の後は田沢湖に向かう。湖は思ったより綺麗な青色をしている。田沢湖の上流には日本一の強酸性で有名な玉川温泉があり、おそらく酸が鉱物などを溶かして田沢湖に流れ込んでいるため、湖の色も青くなっているのだと思われる。有名な金色の辰子像は厳島神社のようなものを想像していたが、想像と違って陸続きだった。辰子像の近くには大量のウグイが発生していた。



この日は玉川温泉と源泉を同じくする新玉川温泉に宿泊。ph1.3という驚異の酸性度。源泉100%の湯に浸かったら足の傷が真っ黒に変色してしまったので、傷がある場合は要注意。蒸気のこもった箱の中に入る体だけサウナみたいな蒸湯というのが気持ち良かった。

◆9/13(日)奥入瀬渓流・酸ヶ湯
9時半に新玉川温泉を出発。この日はあいにくの雨だった。昼前には十和田湖に着くが、十和田湖を望む発荷峠からは何も見えず。十和田湖はスルーして奥入瀬渓流へと向かった。奥入瀬渓流は渓流のすぐ近くに道路が走っており、ところどころ駐車できるスペースがあるので非常に交通の便が良い。雨の日の奥入瀬渓流も木や岩を覆う苔がしっとりとした感じで良い雰囲気であった。




雨によって十和田湖を探検する計画が崩れてしまったため、奥入瀬渓流の後は急遽青森に向かうことにした。りんごのシードル工房とマルシェが組み合わさったA-FACTORY、ねぶたの家ワラッセに行く予定であったが、酸ヶ湯付近で深い霧に包まれて身動きが取れなくなってしまったため、これも断念。そのまま酸ヶ湯に入った。運良く酸ヶ湯でもねぶたを見ることができた。酸ヶ湯の蕎麦プリン美味い。



奥入瀬渓流まで戻り、この日は有名な星野リゾートに宿泊。何故か本棚が沢山ある。奥入瀬渓流の成り立ちや奥入瀬渓流の自然環境について展示したスペースがあり、夜にはフォレストカレッジという講演会も開かれていて少し知的な雰囲気だった。岡元太郎の作品である巨大な暖炉「森の神話」と「河神」が置かれている(ぶら下がっている?)珍しいホテルで、自然や芸術を好むアッパーミドルへの受けが良さそう。なお、追加料金を支払うと渓流沿いのテラスで朝食を楽しめたり、渓流レジャーのガイドが付く模様。






◆9/14(月)津軽西海岸・白神十二湖
9時半に奥入瀬渓流ホテルを出発。この日は晴天で、津軽平野を経由して日本海に向かう。津軽平野からは津軽富士の別称を持つ岩木山が望める。津軽西海岸は日本で最も風況の良い地域の一つで、風力発電が盛んに行われており、多くの風車を見ることができた。五能線沿いに津軽西海岸を南下すると、昼過ぎに千畳敷海岸に到着。近くの売店でイカ焼きとオレンジジュースを購入。日本海を眺めながら食べるイカ焼きとオレンジジュースは最高である。





千畳敷海岸から更に南下すると、乳頭温泉、酸ヶ湯と並んで有名な不老ふ死温泉に辿り着く。酸化鉄を含む黄金色の温泉で、これまで入ってきた硫黄泉とは異なり、東北ではやや珍しい気がする。不老ふ死温泉の後は白神十二湖に。有名な青池近くの駐車場は有料のため、少し前の駐車スペースから徒歩で青池に向かった。青池以外の池も若干青味がかっているが、青池の青さは群を抜いていた。青池近くに猿の住処があるようで、10匹近く猿を見かけた。宿泊先の鰺ヶ沢温泉に向かう途中で夕日が日本海に沈むのを見たかったが、数分の差で駐車が遅れて見ることができなかった。






◆9/15(火)青森
最終日はお土産を買いに青森のアスパムとA-FACTORYに。三角の形をしたアスパムは青森の象徴的建造物で、アスパムからは陸奥湾、下北半島、津軽半島を一望できる。まさに青森県の中心に位置する場所である。なお、青森から仙台までは高速道路を使っても5時間。



2015年9月5日土曜日

電力自由化に向けた電力会社・ガス会社の動向

◆東京電力
中部電力と燃料調達・火力発電所の新設で提携(JERA設立)
東日本の大手電力4社で送配電設備の共同調達
新電力テプコカスタマーサービス設立
中部電力・関西電力管内のヤマダ電機に電力販売
関西電力管内のセブンイレブンに電力販売
TOKAIホールディングス・日本瓦斯と電気・ガスのセット販売で提携
ソフトバンクと電気・通信のセット販売で提携
三菱商事・リクルートとポイントサービスPONTAで提携
カルチュア・コンビニエンス・クラブとポイントサービスT-POINTで提携
 
◆関西電力
東京ガスと燃料調達で提携
東燃ゼネラルと千葉県に100万kW火力発電所を新設
丸紅と秋田県に130万kW火力発電所を新設
伊藤忠商事と宮城県に11万kW火力発電所を新設
千葉県の11万kW火力発電所を買収(市原パワー)
西日本の大手電力5社で送配電設備の共同調達
関電エネルギーソリューションを新電力に登録
KDDIと電気・通信のセット販売で提携
イオンとポイントサービスWAONで提携

◆中部電力
東京電力と燃料調達・火力発電所の新設で提携(JERA設立)
大阪ガスと燃料調達で提携
東京電力と茨城県に60万kW火力発電所を新設
東日本の大手電力4社で送配電設備の共同調達
新電力ダイヤモンドパワーを買収
NTTドコモと電気・通信のセット販売を検討

◆東京ガス
関西電力と燃料調達で提携
川崎天然ガス発電・扇島パワーステーションの出力増強
九州電力・出光興産と千葉県に200万kW火力発電所を新設
中国電力・JFEスチールと千葉県に100万kW火力発電所を新設
神戸製鋼から120万kW火力発電所の電力購入を検討
東北電力と北関東3県での電力小売(高圧・特別高圧)で提携
新電力エネットを通じて電力販売

◆東北電力
東日本の大手電力4社で送配電設備の共同調達
東京ガスと北関東3県での電力小売(高圧・特別高圧)で提携
仙台市ガス局の事業買収検討

◆九州電力
東京ガス・出光興産と千葉県に200万kW火力発電所を新設
西日本の大手電力5社で送配電設備の共同調達

◆大阪ガス
中部電力と燃料調達で提携
電源開発・宇部興産と山口県に120万kW火力発電所を新設
西部ガスと福岡県に160万kW火力発電所を新設
丸紅と茨城県に10万kW火力発電所を新設
新電力エネットを通じて電力販売

◆中国電力
東京ガス・JFEスチールと千葉県に100万kW火力発電所を新設
西日本の大手電力5社で送配電設備の共同調達
西日本全域での電力販売を検討

10年後の電力業界・ガス業界で予想したようなアライアンスの形ができてきた。東北電力と東京ガスの提携は当面は北関東3県での高圧・特別高圧向け電力販売だが、首都圏での低圧向け電力販売、LNGの共同調達まで提携を深めることが予想される。中部電力は東京電力との提携が注目されるが、大阪ガスとの提携関係にもそろそろ動きがありそう。いずれ合併にまで漕ぎ着けそうなのは、東北電力・東京ガスのペアと中部電力・大阪ガスのペアだと思う。エリアが隣接していて、業種の異なるこの2社は明らかに相性が良い。自由化で伸びそうなのは中部電力、東京ガス、大阪ガスの3社で、福島第一原子力発電所の廃炉と賠償問題を抱える東京電力、原子力発電に依存してきた関西電力は防衛を強いられる展開になりそう。ただし、首都圏を中心とした石炭火力の新設計画は環境省の反対と原子力発電所の再稼働によって半分くらいは頓挫すると思われるので、東京電力の首都圏におけるシェア低下はそれほど大きなものにはならないだろう。