2015年11月5日木曜日

イギリス旅行計画

ロンドンを中心にイギリス旅行を計画。イギリスの冬は寒い上に暗いため、5月~9月の暖かくて日の長い時期を予定している。ずっとヨーロッパに行きたいと思っていたが、なかなか行き先が決まらなかった。バイエルンのノイシュバンシュタイン城、南フランスの田園地帯、オランダの風車と運河、スウェーデンの森と湖。行きたい国は多くあるが、初めての海外旅行は英語圏の方が安心だと思ってイギリスに決定。大英帝国の首都として近現代史の中心地であったと言っても過言ではないロンドンを中心に旅行することを決めた。とりあえず行きたい場所を列挙。

◆ウェストミンスター宮殿
英国を象徴する場所。中世にイングランド王の住居として用いられ、近代以降は議会の所在地として知られるようになった。大英帝国の歴史がつくられた場所で、18世紀から20世紀初頭にかけて世界の中心地であった。ロンドン大火やドイツ軍の空爆によって焼失を繰り返しているため、建物自体は比較的新しい。晴れた日の早朝とライトアップされている夜間が特に美しい。対岸の観覧車ロンドン・アイからの景色も眺めてみたい。


◆タワーブリッジ
テムズ川に架かる橋。イーストエンドの発展を目的として、19世紀末に完成した。ハリーポッターの映画にも出てきた有名な橋である。「ロンドン橋落ちた」で有名なロンドン橋とは異なる。ウェストミンスター宮殿と同じゴシック様式。こちらもライトアップされている夜間に見たい。


◆大英博物館
大英帝国の時代に世界各地から収集された文化財が展示されている。特にペルシャ、エジプト、ギリシャなど古代文明の遺産に強い。大英帝国の絶頂期を偲ばせる。大英博物館の分館でもあるロンドン自然史博物館にも行きたい。こちらは化石標本が特に有名。


◆ハイドパーク
ロンドン市民の憩いの場。野生のリスがたくさんいる。ロンドンの街歩きに疲れたら、公園でのんびりしながらシマリスくんにクルミをあげたい。世界で最初の万国博覧会の会場にもなった。

◆トラファルガー広場
トラファルガー海戦の勝利を記念して造られた広場。ナポレオンに勝利したネルソン提督の記念碑がある。ヨーロッパの都市に特有の広場とはどのような場所なのか見てみたいと思う。広場に面するナショナル・ギャラリーにも行きたい。超有名な絵画がゴロゴロ存在する美術館である。


◆バッキンガム宮殿
ヴィクトリア女王の時代からイギリス王室の居住地となっている。ヴェルサイユ宮殿やシェーンブルン宮殿と並ぶヨーロッパ一流の宮殿にして、現在もエリザベス女王が暮らす現役の宮殿である。ちなみにイギリス王室はバッキンガム宮殿の入場料など、観光や不動産の収益によって生計を立てている。近衛兵の交代式が有名。


◆オックスフォード
名門オックスフォード大学の拠点となっているロンドン郊外の大学都市。オックスフォード大学はイギリス最古の大学で歴史と伝統ある街となっている。ハリーポッターに登場するホグワーツ城の舞台であり、食堂など映画そのままである。

◆アフタヌーンティー
行きたい場所というか、やりたいこと。ティースタンドの出てくる本格的なアフタヌーンティーを楽しみたい。上から順にケーキ、スコーン、サンドイッチとなっているようである(ごちうさの知識)。ティーカップも可愛いのが良い。


◆草原と羊
イギリスといえば草原と羊。コッツウォルズとか田園地帯に足を延ばせば見ることができそう。可能であれば湖水地方まで行きたいが、移動時間を考えると難しいか。

0 件のコメント:

コメントを投稿