2016年3月21日月曜日

冴えない彼女の育てかたGirls Side2 感想

冴えない彼女の育てかた Girls Side2 (ファンタジア文庫)
丸戸 史明
KADOKAWA/富士見書房 (2016-03-19)
売り上げランキング: 4,233
9巻ラストで加藤が英梨々との仲直りを決意してから早くも4か月。Girls Sideの第二弾がついに出版。前回の英梨々×詩羽なGirls Sideも良かったけど、今回の加藤×英梨々なGirls Side2も素晴らしい出来。Fan Diskはともかく、Girls Sideは完全に本編と不可分なので冴えカノ読者は一読必至。さらにアニメの続編についても、2017年4月からの二期放送開始が決定。あと一年も待たないといけないのかと絶望を感じつつも、本命の春アニメに抜擢されたことで一層期待が高まる。

本巻は加藤と英梨々の仲直りがメインだが、前回のGirls Sideとは異なり他のキャラクターも多く登場。特に最初と最後に登場した美智留が目立っていた印象。もしやGirls Sideで美智留の話を進めることにより、本編の美智留シーンを減らす作戦か。そんな政治的判断を感じてしまう程、美智留がページ数こそ少ないものの目立っていた。

まずは美智留と詩羽先輩の邂逅。時系列的には8巻と9巻の間。楽器店を巡りにお茶の水にやって来た美智留は古書店を巡りに神保町に来ていた詩羽先輩と偶然出くわす。詩羽先輩をカレーショップに誘った美智留はいつものマイペースで詩羽先輩を苛立たせるだけかと思いきや、真剣モードで英梨々と詩羽先輩のサークル離脱について攻撃を開始。詩羽先輩が言い争いで劣勢に立たされている姿は初めて見たかもしれない。美智留が加藤や出海のこと、blessing softwareの今後について真面目に考えていたのが意外だった。少し修羅場モードに突入したものの、美智留も詩羽先輩もblessing softwareを大事に思っているという点は共通しており、最後は美智留が詩羽先輩の携帯アドレスをゲット。詩羽先輩にも女友達ができた…という良い話でまとまった。女友達というと英梨々が一番に該当するはずなのであるが、英梨々との関係は娘と保護者みたいな感じになっているので、対等な関係という意味では美智留が初めてかもしれない。対等な関係というか悪友というか。この邂逅が9巻における詩羽先輩から倫也へのアドバイスに繋がったようである。

続いてaround 30's side。詩羽先輩の編集担当である町田苑子と紅坂朱音の邂逅。二人は早応大学の漫研同期にして、今は霞詩子を奪い合う関係。ただし、紅坂朱音の本当の目当ては柏木エリで、町田さんは霞詩子を過小評価する紅坂朱音に腹が立っている模様。しかし、紅坂朱音がクリエイターとして本気で柏木エリに惚れ込んでいることが分かり、少し印象が良くなった。いや、今まで紅坂朱音ってラスボスのような立ち位置だったので。是非とも英梨々をクリエイターの高みに連れて行って欲しい。

8巻と9巻の間に入るもう一つの物語が椿姫女子高校アニソン同好会の放課後。追試の美智留が不在の中、トキ、エチカ、ランコの三人による女子トークが繰り広げられる。女子トークの対象は美智留と倫也の関係、倫也と加藤の関係、さらにicy tailの二代目プロデューサーに就任した伊織と倫也の関係について。伊織×倫也はここでも健在だった…。ただし、豊ヶ崎への編入を画策していた美智留に対して三人は微妙にわだかまりがある様子。さらに伊織が就任早々に持ち込んだ秋葉原での単独ライブに対しても、美智留と三人では温度差がある様子。しかし、結局は美智留に付いていくことに決めた三人。blessing softwareに続いてicy tailも崩壊…なんてことにならなくて良かった。相手が加藤だったら絶対バンド解散してた。

次は9巻より後の物語。ところで表紙の女の子って一体誰ですか。相楽真由と波島出海、二人のイラストレーターがサンクリで邂逅する。伊織の計略によりファンシーウェーブとしてサンクリに参加することになった出海ちゃんは、些細なきっかけで隣の壁サークルcutie fakeのお手伝いさんと話し始める。出海ちゃんが出品した「冴えない彼女の育てかた(仮)」のラフスケッチを絶賛する彼女は最初こそ素人のように思われたが、出海ちゃんがスランプに陥っていたことを告げると、出海ちゃんのイラストは物語と相乗効果を生む凄い絵に仕上がっていることを教えてくれる。彼女こそ詩羽先輩の二作目「純情ヘクトパスカル」のイラストレーター嵯峨野文雄の正体、相楽真由であった。

そしてGirls Side2のメインとなる加藤と英梨々の仲直りを描く物語。一泊二日の修復。9巻エピローグにおいて加藤は英梨々との仲直りを決意するが、そんな簡単に仲直りができるはずもなく…。6月一週目の土曜日、東京駅の新幹線改札口から物語は始まる。9巻エピローグの後、悩んだ末に加藤が英梨々に送ったのは「合宿のお知らせ」という一通の謎メールだった。合宿の舞台はアニメ0話に登場した長野県の高原(白樺湖が登場するため恐らく蓼科高原と思われる)。原作にはなかったオリジナルエピソードをここで活かしてくるとは…。

この期に及んでも気まずい雰囲気が漂う二人。新幹線に乗って加藤はようやく今までのことについて話を始めるが…。

「だから、英梨々が突然サークルを辞めたって、霞ヶ丘先輩を巻き込んだって、倫也くんを裏切ったって知ったら、なんか許せなくて、今でもやっぱり整理できてなくて……」

やはり加藤は英梨々を許していなかった。そして旅先では天候にも恵まれず、雨雲に覆われた高原は二人の気持ちを表しているかのようで。旅の失敗に落胆する加藤に気を遣い、フィールズ・クロニクルの奇襲シーンとして雨の高原をスケッチする英梨々。しかし、クリエイターモードの英梨々を見た加藤は余計に疎外感を覚えてしまう。結局、雨の中をずぶ濡れで四時間もスケッチに費やした二人。夕食の席になっても会話の弾まない状況に耐えかねた英梨々がついに話を切り出す。

「あたしが何をしたら、恵は、仲直りしてくれるのかなぁ?」

「何もする必要なんかないよ。だって、英梨々は何も間違って……」

「そんなのどうでもいいよ!間違ってようがなんだろうが、恵が嫌なところを直すって言ってんの!」

「……無理なんだよ、それは」

「なんで!?そんなのやってみなくちゃ……」

「だってわたし……本当は、英梨々に、サークルに戻ってきて欲しいんだもん。また一緒にゲーム、作りたいんだもん」

加藤は本当に英梨々が好きなんだと分かったシーン。そして加藤と英梨々は温泉へ。英梨々はblessing softwareにいると倫也に甘えてしまうこと、追い込まれないと自分はクリエイターとして成長できないことを告げる。ただし、英梨々は倫也、加藤、詩羽たちに自分を世界一のイラストレーターだと認めさせることができた暁には、もう一度blessing softwareに戻ることを宣言。世界一凄くて、世界一幸せなイラストレーターになることを誓った英梨々はクリエイターモードの英梨々に違いなかったけれど、それは加藤にとって全然嫌な英梨々ではなかった。

入浴を終えて布団に入った二人はしとしと降る雨音の中、いよいよ静かに和解に向けた一歩を踏み出す。と思いきや、ここで加藤が倫也の書いた英梨々シナリオを暴露。最初こそ激怒する英梨々であったが、倫也の書いた自らのシナリオを読み終えて感動。そして英梨々との仲直りシナリオを紡ぐことを宣言した加藤はそのまま英梨々と夜通し語り明かすことに。翌朝、そこにはハイテンションな様子の英梨々とそれに付き合う加藤の姿が。ついに二人は仲直りを遂げたのであった。

エピローグはicy tailの単独ライブ。blessing softwareのメンバーに加え、詩羽先輩と英梨々もこっそり来場。詩羽先輩が美智留と仲良くなっていて微笑ましい。加藤と英梨々のダブルヒロイン体制に入ってから影が薄くなった感じもするが、やはり詩羽先輩も良い。そしてicy tailのライブは成功。普段はマイペースな美智留がblessing softwareの仲間に、そしてblessing softwareで活動を共にしたかつての仲間たちに曲を捧げるシーンが良かった。Girls Side2の表ヒロインが加藤と英梨々なら、裏ヒロインは美智留で決定。

ラスト2ページ。仲直りを遂げた夜、布団に包まりながら語り合う加藤と英梨々。

「気持ちってのは、変わり続けるものだよ、英梨々」

「それって……」

「ずっと、何とも思ってなかった相手だったのに、ある日を境に、その、そうじゃなくなる、こともある」

「え……」

「もちろん、そうじゃなくなったはずなのに、またある日を境に元通りになることだってある」

「どっちなのよ!?」

「さぁ、どっちなんだろうね?ま、でも、一つだけ言えることは……」

「言えることは?」

「少なくとも、一度は変わったこと、あるよ?」

ついに、これまで明言されていなかった加藤の気持ちが明らかに。7巻の時点では倫也に恋愛感情は抱いていなかったはずだけど、どの日を境に気持ちに変化が生じたのか。「一度は変わったことある」という発言から、倫也に対する感情はまだ定まっていないと思われる。それにも関わらず溢れ出る加藤の正妻感。加藤の倫也に対する感情が定まったとき、これが物語の転機になりそう。そして次なる修羅場へ…。

2016年3月20日日曜日

仙台近郊旅行記録

3月12日と13日に麻布時代の同級生と仙台近郊を旅行。仙台、秋保、松島というゴールデンルートを周ってきました。このルート周るの何度目?という気もするが、仙台周辺の観光スポットが限られているので仕方ないのである。関西電力に入社して、京都とか神戸を友達に案内できる人生を送りたかった…。まぁ、そもそも関西に行くなら関西電力よりJR西日本に入社したいところではあるが。

参加者の一人目は今回の旅行の発案者にして某医科歯科大を今年卒業し、これから医者になる予定の医学エリート。麻布時代はどういう経緯か忘れてしまったが強引に地歴部に誘い込み、高2まで部活を共にした仲。見た目は普通だが話すと頭が混乱してくるような変わり者。参加者の二人目は東大薬学部を今年卒業し、これから某製薬メーカーに上級MRとして入社予定の薬学エリート。中1のときに同じクラスだった縁が今でも続いている。いつ見ても育ちの良さを感じるのは相変わらず。参加者の三人目は大学院を今年卒業…せず、早稲田の副主席としてドクターを目指す数学エリート。おてんば娘。某数学喫茶釣られたクマーのオーナーという裏の顔も持つ。六浪の末に山形大医学部の合格を勝ち取ったドジョウの人や、みずほ銀行仙台支店に勤務するメガネの人も呼びたかったが今回は断念。

一日目は仙台と秋保を観光。仙台駅でずんだシェイクを買って出発。個人的に仙台で一番好きな観光スポットである青葉城を訪問。青葉城は姫路城や松本城と異なって天守閣が残っていない、というか最初から天守閣が建造されていない城である。観光スポットとしては致命的な欠陥を抱えているが、有名な伊達政宗の騎馬像と仙台を一望できる眺めの良さが欠陥を補っている。北は泉区から南は太白区まで仙台全体を見渡すことができ、東には太平洋も望むことができる。仙台の市街地を一望できる景観、残存する巨大な石垣、山城の雰囲気と広瀬川、城好きとしては妄想の膨らむ、なかなか見ごたえのある城である。



東北地方で唯一の都市らしい都市を見た後は伊達の牛タンへ。牛タンより焼肉の方が普通に美味しいと思うが、せっかくの仙台旅行なので仙台名物を昼食に選ぶという配慮。他に仙台の観光スポットというと国宝の大崎八幡宮や伊達家の御霊屋である瑞鳳殿が有名であるが、特に面白い場所でもないので午後は秋保へ直行。秋保大滝も四回目になると愛着さえ感じる。



この日に泊まったのは秋保温泉の岩沼屋。佐勘、水戸屋と並ぶ秋保温泉の老舗である。春休みのせいか宿泊費が異様に高かった。岩沼屋も悪くないけど、本当は作並温泉の一の坊に泊まりたかった…。ただ、岩沼屋の夜の露天風呂は湯気で何も見えなくてなかなか面白かった。下の写真はエリートの遊び。


二日目は松島へ。例のごとく双観山を訪れる。やはり松島は近くで見るより遠くから見る方が綺麗だと思う。冬の松島は寒かった。岩沼屋の乾燥した和室と寒空の松島(さらに花粉症?)で致命傷を負い、すっかりダウンしてしまった。松島の後は昨年オープンしたうみの杜水族館へ行ってきた。牡蠣の養殖について展示スペースがあったり、親潮の海を再現していたり、なかなか地域密着型の水族館であった。ちゃんとペンギンとかイルカもいるし、何より古くないのが良いね。


2016年3月15日火曜日

ごちうさとけいおんの類似性

ご注文はうさぎですか? (4) (まんがタイムKRコミックス)
Koi
芳文社 (2015-09-26)
売り上げランキング: 5,178

ゆるゆり、きんモザ、のんのん、ごちうさの4作品が近年の日常系作品では四天王という印象であったが、2期を終えて状況に変化が出てきた。1期に比べて売上が停滞する作品が多い中、ごちうさは売上を伸ばし、日常系作品としては稀な1万枚を超える売上を誇っている。まんがタイムきららMAXの看板作品として、原作の人気も勢いは衰えていない。何故ごちうさ人気は根強いのか。キャラクター、イラスト、ストーリー、全てが萌えに特化した「あざとい」作品であるという他に、けいおんとの類似性が要因として挙げられると思う。

ごちうさのメインキャラクターであるココアとチノの関係は、けいおんにおける唯と梓の関係によく似ている。ツンデレな妹と妹を溺愛する姉(自称)という関係である。チノも初めは馴れ馴れしいココアに戸惑っていたが、交流を深める中で次第に信頼を寄せるようになり、今ではチノがココアに依存するまでになっている。ココアと唯は天然、チノと梓はしっかり者という点も共通している。けいおんではメインキャラクター5人の内、梓のみ学年が一つ下である。サブキャラクターである憂、純とは同学年で行動を共にすることが多い。ごちうさもメインキャラクター5人で唯一チノのみが中学生であり、サブキャラクターであるマヤ、メグと中学生組を結成している。

リゼ、千夜、シャロは澪、律、紬とそのまま互換できるわけではないが、共通する要素を持ったキャラクターである。リゼは澪のクールな要素と紬のお嬢様要素を継承している。千夜とシャロの幼馴染という設定、二人の関係は律と澪の関係によく似ている。シャロは澪の怖がりという要素を受け継いでおり、千夜は天然なところが紬と似ている。千夜の声優は律と同じ佐藤聡美である。

また、作品のキーアイテムもごちうさはコーヒー、けいおん!は紅茶と対比になっている。ごちうさは喫茶店ラビットハウス、けいおんは放課後ティータイムの部室を舞台として物語が繰り広げられる作品である。けいおんメンバーはロックの聖地であるイギリスのロンドンに卒業旅行をしたが、ごちうさはフランスのアルザス地方にある木組みの街が舞台になっている。コーヒーと紅茶、フランスとイギリス、ここまで対比が効いていると、ごちうさはけいおんのオマージュなのではないかと疑いたくなる。このような類似性がけいおん世代をごちうさに引き寄せているのではないかと考える。

2016年3月7日月曜日

文系でも取れる電気の資格Part2 第二種電気工事士

2015年版 第二種電気工事士技能試験 公表問題の合格解答

オーム社
売り上げランキング: 175,941

電気工事士は電気工事を行うために必要な国家資格である。例えば、分電盤の改修工事やコンセントの取り付け工事を行うために、電気工事士の資格が必要となる。電気工事士には第二種と第一種があり、第二種電気工事士は低圧のみ、第一種電気工事士は低圧と高圧の両方について電気工事を行うことができる。電気工事会社の社員に必須の資格であるが、電力会社やハウスメーカーの社員など電気工事と関わりのある仕事に就く人であれば勉強して損はない資格である。

電気工事士の試験は筆記と技能から成る。筆記試験の科目は電気に関する基礎理論、配電理論及び配線設計、電気機器・配線器具並びに電気工事用の材料及び工具、電気工事の施工方法、一般用電気工作物の検査方法、配線図、一般用電気工作物の保安に関する法令である。工業高校で勉強するような内容であり、敬遠してしまう文系の人も多いかもしれない。しかし、暗記問題が中心であるため文系でも取り組みやすい内容となっている。試験は択一問題で正答率60%程度で合格できるため、参考書を読むだけで筆記試験は突破できるだろう。個人的に電気は物理の中でも苦手な分野であるため、理解するのに参考書を2周せざるをえなかったが、それでも筆記試験の対策は30時間程度で足りるものだった。

筆記試験をクリアすると待ち受けているのは技能試験である。これは配線図で与えられた問題の作品を、工具や電線を用いて実際に作成してみるというものである。工具を触ったこともない文系の人にはハードルが高いように感じられるかもしれないが、実は技能試験の問題は事前に公表された13問の内から1問が出題されるという仕組みになっている。つまり十分に練習しておけば確実に合格ができるというわけである。電気工事士の技能試験用に工具と材料をセットで販売している会社があり、13問のつくりかた全てが記載された参考書も出版されているため、独学で対策することも可能である。

下の写真のような作品を合計13個も作成した。簡単そうに見えて、電線の被覆を剥離するのに時間がかかったり、電線の長さを細かく測ってカットしないと上手く作成できなかったりと意外に時間がかかる。つくりかたを覚えながら作品を一つ作るのに2時間はかかると考えた方が良いだろう。本番の試験では配線図しか配られないため、配線図を実物に置き換えるスキルも必要になる。そのため技能試験の対策にも30時間程度かかったように思う。筆記と技能合わせて60時間程要する試験であるが、文系でも勉強すれば確実に取得できる資格となっている。

2016年3月6日日曜日

文系でも取れる電気の資格Part1 家電製品アドバイザー


家電製品アドバイザーは家電製品について専門的なアドバイスができることを証明する民間資格である。資格を認定する家電製品協会は大手電機メーカーが賛助する一般財団法人であり、家電製品に関する資格としては最も著名なものである。ヤマダ電機やビックカメラといった家電量販店の社員、電機メーカーの営業部門に所属する社員が取得者の大半を占めるが、電力会社の営業部門に所属する社員で取得している者も多い。家電製品の営業に携わる人はもちろん、家電製品と関わりのある仕事に就く人であれば勉強して損はない資格である。技術系よりも事務系向きである点が電気の資格としては珍しい。

家電製品アドバイザーは生活家電とAV情報家電に分かれており、今回は生活家電の分野で試験を受けてきた。試験内容は家電製品の商品知識と取り扱い、CSと関連法規の二科目である。生活家電の試験範囲はエアコン・床暖房、空気清浄機、除湿器、加湿器、扇風機、換気扇、浴室暖房換気扇、冷蔵庫、電子ジャー炊飯器、電子レンジ、IHクッキングヒーター、キッチン・調理家電、洗濯機・洗濯乾燥機、掃除機、ふとん乾燥機、アイロン、照明器具、エコキュート、温水洗浄便座、火災警報器、太陽光発電システム、スマートハウス、電源、電池、暖房器具、健康・美容家電の26種目から成る。それなりの知識量を試されるが、家電製品の上手な使い方や省エネのポイントなど実生活に役立つ内容を学べる点が嬉しい。

勉強方法は家電製品協会公式の参考書を読み、問題集を解くだけ。参考書は二科目合わせて400ページ程度だが、1ページ当たりの文字数が多いため読破するのに40時間程かかった。問題集は2回分収録されており、二科目合わせて5時間で終わる内容。問題集の内容は本番の試験でも選択肢として出てくることが多いので、参考書のみで終わらせることなく問題集まで解くことが推奨される。単純に計算すると勉強時間は45時間ということになり、一日1時間勉強すれば一か月半で取得可能な内容となっている。年に二回、3月と9月の第一日曜日に試験が実施される。9月に受験する人は7月下旬から勉強を始めれば間に合うだろう。

製品の動作原理や基本構造など理系的要素も多いが、細かい部分まで深堀りしないため文系でも理解できる内容となっている。関連法規は電気用品安全法や家電リサイクル法といった家電製品アドバイザーならではの法律について問われる一方、特定商取引法、個人情報保護法、独占禁止法といった一般的な法律についても問われることが多い。法律に関する知識は理系より文系の方が豊富であるはずなので、やはり文系向きの資格であると言える。

2016年3月5日土曜日

もし毛利家が第二次信長包囲網に参加していたら

織田信長の天下取りは決して順調ではなかった。1568年の上洛を機に濃尾地方から畿内に勢力を拡大した信長であったが、度重なる包囲網の形成によって1570年代の前半においては停滞を強いられた。第一次信長包囲網が形成された際は、朝倉家、浅井家、三好三人衆といった近畿の勢力が信長の都落ちを狙っており、伊勢長島でも一向一揆に苦戦を強いられていた。第二次信長包囲網では足利義昭との対立が決定的となり、強敵である武田信玄との対決も迫っていた。信長は常に失脚する恐怖に脅かされていたはずである。

信長にとってターニングポイントとなった年は1573年である。三方ヶ原の戦いにおいて徳川家康を降した武田信玄は信長の本拠である濃尾地方に迫っていたが、突如として病死してしまう。武田家の撤退を契機として、反撃に出た信長は足利義昭を京都から追放する。また、宿敵である朝倉家と浅井家を滅ぼして、三好三人衆も追放することに成功する。1573年は信長政権が確立した年であり、この年を境として信長に単独で対抗できる勢力は存在しなくなった。

信長政権の誕生を防ぐことができたかもしれないキーマンが一人いる。それは小早川隆景である。1571年に毛利元就が亡くなると、小早川隆景は兄の吉川元春と共に毛利家の指導者となった。既に中国地方の覇者として君臨していた毛利家は信長に対抗できる唯一の存在であったが、大内家の旧領である北九州の領有を争って大友家と対立していたため、1570年代後半に至るまで信長とは良好な関係を保っていた。しかし、毛利家が西に目を向けている間に織田家は急成長を果たし、最終的に毛利家は滅亡寸前まで追いつめられることになる。毛利元就も小早川隆景も先見の明を持った人物であり、早い時期から織田信長のことを高く評価していた。そのため信長とは友好的な関係を築いていたが、巨大な勢力である毛利家と織田家の対立が避けられないことは目に見えていた。小早川隆景は豊臣政権の時代となって秀吉から随分と高く評価されたが、天下を取るには勇気が足りないと言われたという逸話が残っている。小早川隆景に勇気があれば歴史はどのように変わっただろうか。

毛利家は1566年に尼子氏を滅ぼして中国地方の覇者となった後、北九州への進出を図るようになる。しかし、大友家と同盟を結び、思い切って上洛を目指すという選択肢もあったはずである。上洛の途上には備中の三村家、備前の浦上家、播磨の赤松家、小寺家、別所家が控えているが、いずれも毛利家とは比較にならない中小規模の大名である。北九州の覇者である大友家と比べれば降すのは容易く、山陽道の攻略に集中すれば1570年代の前半に毛利家が山陽道を制圧することも不可能ではない。畿内への進出が可能となった毛利家は第二次信長包囲網に参加し、信長を京都から追放することもできただろう。

信長を京都から追放した後も、織田家が早々に滅びるということは考えにくい。肥沃な濃尾平野を領有する信長は5万の大軍を動かすことが常時可能であった。兵站の延びきった毛利家が信長を追撃することは難しい。毛利家の課題は畿内に安定した地盤を築き上げることである。そこで上洛後の当面の標的は三好家の残党勢力になると思われる。織田家の以前に畿内を掌握していた三好家の残党は1570年代においても畿内に勢力を誇っていた。そこで毛利水軍を活用して三好家の本拠である阿波と畿内を分断しつつ、徐々に毛利家の勢力を畿内に浸透させていく戦略となる。

地政学的に毛利家が東国に進出することは難しい。そこで毛利家は朝倉家、武田家などと連携を図りつつ、織田家を封じ込めていく。長期的には朝倉家、織田家、徳川家、武田家、上杉家、北条家、佐竹家、伊達家による勢力均衡状態が東国には生まれる。一方、西国では毛利家が着実に勢力を拡大する。小規模な勢力しか存在しない四国の平定は毛利水軍の力があれば難しいことではない。また、九州においては島津家と龍造寺家による圧迫を受ける大友家が衰退の一途を辿り、毛利家への従属を余儀なくされる。島津家と龍造寺家を退けた毛利家は博多を獲得し、西国を支配する巨大勢力として君臨する。毛利家が幕府を開くかは定かではないが、経済力を武器に朝廷を支配する平家のような政権を築いたのではないか。