2016年8月28日日曜日

もし小早川隆景が長命であれば

小早川隆景は1533年に毛利元就の三男として生まれた。やがて中国地方の太守となる元就であるが、当時は大内家に属する国人の一人に過ぎず、隆景は人質として幼少期を山口で過ごした。元就の養子政策の一環として、隆景は1544年に竹原小早川家の養子に入り、1550年には本家である沼田小早川家の家督を継承する。この家督継承には主君である大内義隆の意向も働いていたとされ、義隆に気に入られていた隆景は若年にして桓武平氏の名門である小早川家の棟梁となる。小早川家は瀬戸内海において水軍を束ねていた一族の一つであり、小早川水軍を率いる隆景は元就の下で戦功を重ねていく。

1571年に元就が没すると、隆景は甥である毛利輝元の補佐役となり、兄の吉川元春と共に毛利の両川と称された。元春が毛利家の軍事を担当したのに対し、隆景は水軍の情報収集力を活かして主に毛利家の外交を担った。1570年代の後半になると信長の中国侵攻によって毛利家は窮地に陥るが、山陽方面の司令官として秀吉と渡り合ったのが隆景であった。宇喜多直家の離反後は窮地に立たされ、ついに織田家に対する領国の大幅な割譲を強いられることになったが、明智光秀の謀反によって九死に一生を得た。

信長の後継者として秀吉が台頭すると、隆景は秀吉に一早く接近して、毛利家は秀吉の傘下に入ることとなった。秀吉は隆景を高く評価し、四国征伐の後には隆景に伊予一国を与えて独立した大名として扱った。九州征伐の後には筑前と筑後を与え、豊臣秀俊の養父になると輝元と同列の五大老に加えた。九州征伐の陣中に元春が亡くなったため、隆景は1597年に没するまで毛利家を事実上統率する人物であった。西国は小早川隆景に任せれば全て安泰であると秀吉から評価され、家康に対抗できる唯一の人物と見られていた。秀吉は凡庸な輝元よりも隆景を毛利家の指導者と見なしていたが、その背景には輝元への不信もあっただろう。輝元は柴田勝家、徳川家康と連携して秀吉包囲網を構築しようとしたことがあり、秀吉と軍事衝突を起こす危険性もあった。毛利家が存続を果たしたのは隆景が秀吉との友好関係を保ち続けたためであり、秀吉には隆景に毛利家の領国を継承させる構想もあっただろう。

毛利家は石見銀山と瀬戸内海の水運に影響力を持ち、莫大な運上銀によって表高以上の国力を有していた。毛利は京都まで銀で橋を架け、徳川は京都まで米で道を敷くことができると言われたように、毛利家は徳川家に対抗可能な唯一の大名家であった。五大老を定めた秀吉は政権の均衡を維持するため、家康に対抗し得る存在として前田利家を優遇した。しかし、当初は家康に次ぐ石高を有する輝元と隆景の両名がその位置にあり、隆景が急死したために秀吉は死後の政権構想を練り直さなければならなかった。もし隆景が毛利家の指導者として長命を保っていれば、秀吉死後の豊臣政権において家康と互角に渡り合うこともできたのではないか。家康は福島正則や黒田長政といった武断派に接近していたが、隆景は石田三成や小西行長といった吏僚派に近かった。家康と隆景が豊臣政権の派閥闘争を背景に覇権競争を繰り広げるのは間違いない。

島津忠恒による伊集院忠棟の謀殺事件は戦争の引き金になるかもしれない。庄内の乱に発展する事件であるが、この事件の黒幕は家康と親交の深い島津義久であったとされる。九州統一目前まで迫ったことのある島津家の脅威を排除するため、薩摩征伐は隆景にとって選択肢の一つとなるだろう。薩摩征伐によって上方では軍事的空白が生まれ、隙を突いて挙兵した家康が大坂城を占拠する展開が予想される。史実における会津征伐と反対の展開であり、九州から帰還した隆景と家康が決戦に至り、勝利した方が次の天下人となるだろう。

2016年8月22日月曜日

スイッチング件数の地域差に関する考察

電力自由化から4か月以上が経過したが、スイッチング件数の地域差が興味深いので考察してみた。電力広域的運営推進機関によると、7月末時点でのエリア別スイッチング件数は以下の通りである。

北海道電力 7万5000件
東北電力 4万500件
東京電力 87万200件
中部電力 10万8600件
北陸電力 3900件
関西電力 29万9200件
中国電力 4600件
四国電力 7300件
九州電力 6万3700件

一目で分かるのは東京電力と関西電力のスイッチング件数が突出していることである。スイッチング件数の9割近くが東京電力と関西電力のエリアに集中している。いかに首都圏と関西圏の人口が多いと言っても、日本の人口にそこまでの偏りはない。この2つのエリアにスイッチングが集中した要因としては、参入した新電力の数の多さが挙げられる。首都圏と関西圏は市場の大きさが桁違いであり、どの新電力も主戦場としているエリアである。特に東京ガスと大阪ガスの存在が大きい。同じユーティリティー企業であるガス会社は電力会社にとって最大のライバルであり、実際にスイッチング件数の半分は東京ガスと大阪ガスによるものである。他のエリアには東京ガスと大阪ガスのような大手のガス会社が存在しないため、ライバルの不在が低調なスイッチング件数に繋がっていると考えられる。関西電力に次いで規模の大きな中部電力のスイッチング件数が少ないのはライバルである東邦電力の存在感が小さいためであろう。関西電力は二度も電気料金の値上げを行ったため、電気料金が高いイメージがある。確かに全国的に見て関西電力の料金水準は高い部類にあるが、実は中部電力も関西電力並みに電気料金は高い水準にある。震災前は関西電力にトヨタ系の需要を全て奪われるのではないかと戦々恐々としていた程である。電気料金の水準以上に、エリア内に強力なガス会社が存在するかどうかがスイッチング件数の多さに影響しているように思う。

もちろん電気料金の水準もスイッチング件数に強い影響を与えている。電気料金が全国で最も高い北海道電力は東京電力と関西電力に次いでスイッチングの割合が高くなっている。そして電気料金の最も低い北陸電力ではスイッチング件数が最も少なくなっている。また、北陸電力と同様に震災後の値上げをしていない中国電力もスイッチング件数が少ない。しかし、電気料金の水準からは説明できない事象が発生している。それは東北電力と九州電力のスイッチング件数である。東北電力は他電力と異なり、東日本大震災によって原発停止以外に直接的な被害を受けている。太平洋沿岸の発電所、送配電設備が被災したことにより、震災後の東北電力は全国トップクラスの料金値上げに踏み切った。現在でも北海道電力、東京電力に次いで高い電気料金となっている。一方、九州電力は原子力発電所の早期再稼働が見込まれることもあって、料金水準は低めに抑えられている。九州電力の電気料金は北陸電力に次ぐ安さである。それにも関わらず、需要家数の変わらない東北電力と九州電力では何故か九州電力の方がスイッチング件数が多くなっている。同じ辺境の地である東北と九州で何故このような差が生まれたのか。それは地域の特徴的な家族構造、ひいては住民の価値観に由来しているのではないかと思う。

九州は核家族の割合が高い地域である。鹿児島県は東京都に次いで核家族の割合が高い都道府県であり、3位の神奈川県、4位の大阪府を上回って2位にランクインしている。核家族の割合が9割を超えるのはこの4都府県のみである。都市化の進んだ首都圏や関西圏ほど核家族の割合が高くなっているが、何故か鹿児島県は全国的にもトップクラスで核家族の割合が高いのである。九州は他にも宮崎県、福岡県、長崎県、大分県で核家族の割合が8割を超えている。英米圏に代表されるように核家族は自由を好み、新しいものを受容する傾向にある。この価値観がスイッチング件数の多さに反映されたのではないか。一方、東北は核家族の割合が低い地域である。仙台都市圏を抱える宮城県でも核家族の割合は8割を下回り、全国最下位の山形県に至っては核家族の割合は6割程度となっている。東北の家族構造は日本において伝統的な直系家族が特徴的であり、直系家族は秩序と安定を好む保守的な文化を形成する。住民の保守的な姿勢が東北電力のスイッチング件数を料金水準の割に低調なものにしていると考えられる。

2016年8月20日土曜日

ニセコイの悲劇 負け組パティシエ小咲ちゃん

いちご100%の東城綾とニセコイの小野寺小咲は非常に共通点の多いキャラクターである。黒髪で清楚なルックス、天然、温厚、内気な性格、そして物語のスタート時点において主人公と両想いの関係にある。物語を通じて最後の最後まで両想いであるにも関わらず、何故か金髪ヒロインに主人公を奪われるという損な役回りまで同じである。いちご100%では東城をずっと応援していたので、東城が真中に振られたときはショックで胸を痛めたものだが、それでも東城はまだ良かった。真中の恋愛のパートナーにこそ選ばれなかったものの、映画製作という夢のパートナーには選ばれたからである。負け組ヒロインの東城であるが、最終話では意外にも生き生きとしている。小説家として類稀なる才能を持つ東城は真中の憧れであり、東城は真中といつまでも夢を追いかけることができるのだろう。というか一緒に仕事をするようになったら、この二人は絶対不倫すると思う。


一方、同じ負け組ヒロインでも小咲の状況は絶望的である。小咲は楽のお嫁さんになるという以外に夢を持っていないためである。家業である和菓子の仕上げが得意という描写はあったが、最終話では何故かパティシエになっている。マジカルパティシエ小咲ちゃんのネタなのだとは思うが、いちご100%の西野と同じパティシエになるとは何とも皮肉である。真中と結ばれた西野はフランス留学でパティシエの夢も叶えて順風満帆なラストを迎えたが、小咲は楽に振られた挙句に作者のネタで意味もなくパティシエにさせられた。和菓子屋の娘なのに何故パティシエにされたのか。大和撫子として描かれてきた小咲が最終話で何の前触れもなくパティシエにさせられたのは違和感しか覚えない。同じ負け組ヒロインであるはずの東城と比較しても圧倒的な負け組であったが、勝ち組パティシエの西野と比較すると小咲の悲惨さが際立つ。

ニセコイ最終話では主要メンバーの中で小咲だけが唯一顔を見せず、楽と千棘のウエディングケーキを作っている。楽との電話を終えた小咲の台詞は意味深である。一見すると意欲的な台詞のように聞こえるが、疲れ果てた人間の自殺前の台詞のようにも聞こえる。物語を通してずっと相思相愛であった相手を圧倒的に自分より劣るヒロインに奪われたのである。小咲は楽に振られてからずっと死にたくなるような日々を送ってきたのではないか。いちご100%のときは西野も東城とは違った魅力が明確に描かれていたため、西野の勝利は予想外ではあったが納得することはできた。しかし、ニセコイでは物語の構造から千棘の勝利は約束されていたものの、物語後半になるにつれて千棘はどんどん魅力を落としていったため、楽が小咲より千棘を好きになったのは全く理解できない。小咲も楽がどうして千棘を選んだのか正直納得できていないのではないかと思う。小咲は何故わざわざパティシエになったのか。それは作者の単なる思い付きではない。作者の思惑を超えて、まさに楽と千棘のウエディングケーキを作るために小咲はパティシエになったのである。絶望を抱えながら小咲はこの日を待っていた。楽と千棘、二人のフィナーレを飾るウエディングケーキである。顔を見せずに巨大なウエディングケーキの前に立っている小咲の描写は何とも不気味である。この巨大なウエディングケーキの中は果たしてどうなっているのだろうか。