2016年10月27日木曜日

東京電力は原子力事業を分社化すべきか

東京電力の原子力事業を分社化させるという案が浮上している。福島第一原子力発電所の廃炉費用が想定額を大幅に上回ることが明らかとなり、今まで以上に踏み込んだ東電改革が必要とされているためである。東京電力は既に小売部門を東京電力エナジーパートナー、送配電部門を東京電力パワーグリッド、発電部門を東京電力フュエル&パワーとして分社化しており、特に発電部門については将来的に中部電力と統合させる動きもある。原子力発電事業については持株会社である東京電力ホールディングスに残されたが、経済産業省は火力発電事業と同様に原子力発電事業も分社化して他社と提携させる考えである。他社との提携によるスケールメリットで事業の効率性を高めるというのが表向きの理由だが、柏崎刈羽原子力発電所の再稼働が真の狙いではないかというのが報道各社の見方である。

柏崎刈羽原子力発電所は出力821万kWという世界最大の原子力発電所であり、福島第一、福島第二と並んで、東京電力にとって利益の源泉となる発電所であった。福島第二の再稼働が現実的に不可能である以上、東京電力にとって唯一の頼りとなるのが柏崎刈羽である。最近まで東京電力と経済産業省は柏崎刈羽の再稼働によって廃炉費用を捻出するというプランを描いていた。しかし、新潟県知事選挙の結果は東京電力と経済産業省にとって予想外のものであった。米山隆一は過去に原発再稼働を熱烈に推進していたにも関わらず、県知事選の出馬に至って反原発に鞍替えした非常に信用ならない人物であるが、新潟県民が柏崎刈羽の再稼働にNOを突き付けたことは間違いない。柏崎刈羽の再稼働は絶望的といっても過言ではないだろう。

そこで経済産業省が考えた秘策が原子力事業の分社化なのだと思う。事故を起こした東京電力への不信感は拭えない。それならば原子力事業を分社化して東京電力の看板を外せば良いのではないかと考えたわけである。具体的には柏崎刈羽原子力発電所を東京電力から切り離し、東北電力の原子力部門に統合させるという案である。一橋大学の橘川武郎教授が以前から提唱している案であり、新潟県を営業地域とする東北電力が事業主体となれば地元の同意を得やすいのではないかという考えである。東北電力の女川原子力発電所は東日本大震災において福島第一を上回る規模の地震と津波に直面したが、福島第一のような事態に陥ることなく、後に行われたIAEAの調査では驚くほど損傷を受けていないという評価を得ている。また、東北電力は東京電力と同じ沸騰水型の原子炉を採用しており、地元電力会社として柏崎刈羽原子力発電所の開発にも密接に関わってきた経緯がある。柏崎刈羽の再稼働が遅々として進まない中、ついに東北電力との提携案が本格化してきたのである。

しかし、東北電力との提携案はあまりにも無謀な素人考えだと思う。東北電力は既に女川原子力発電所と東通原子力発電所という二つの原子力発電所を抱えており、こちらの再稼働で手一杯の状況である。この上さらに柏崎刈羽の再稼働まで任されるような事態になれば、東北電力の原子力部門で働く社員は電通もびっくりの過重労働を強いられるようになるのではないか。また、東北電力には柏崎刈羽に出資するだけの資金的な余裕もない。東日本大震災によって東北電力が受けた財務的な被害は甚大であり、五年をかけて何とか財務状況を回復した段階にある。柏崎刈羽が競争力のある電源であることは間違いないが、東北電力の営業地域は人口減少が著しく、今後は電力需要が減少していくことが予想される。柏崎刈羽の電気を全て東京電力に固定価格で売電できるというのであれば話は別だが、売り先に困るような事態に陥れば宝の持ち腐れになってしまうだろう。

そもそも東京電力は柏崎刈羽を手放して良いのだろうか。東京電力にとって柏崎刈羽は福島第一の廃炉に必要なキャッシュを生み出す最重要資産である。他社との提携は廃炉に必要なキャッシュを社外に流出させてしまうことにはならないか。もし柏崎刈羽の利益を全て廃炉費用にするというのであれば、そもそも他社にとって提携するメリットはない。そして原子力発電に限った話ではないが、リスクをゼロにするというのは不可能である。そこで社会が受け入れ可能なレベルにまでリスクを下げることが焦点となるわけだが、東京電力の看板を外しただけで新潟県民はリスクが下がったと感じるのだろうか。

2016年10月6日木曜日

続編待望のアニメBEST5

1位 涼宮ハルヒの分裂/涼宮ハルヒの驚愕
全てはここから始まったと言っても過言ではない作品。2006年の1期放映から今年で10年目。10年を経ても未だハルヒ以上に熱中した作品はないかもしれない。先日のエウロパのニュースを聞いて、そういえば中学生の頃にハルヒの影響で宇宙とか時空とかに興味を持って、相対性理論の本を必死に読み耽っていたことを思い出した。原作に残された最後の長編である分裂と驚愕をアニメ化して欲しい。そして京アニ復活の狼煙を上げて欲しい。

2位 中二病でも恋がしたい! リメイク
京都アニメーションの集大成と言える作品。詳しくは京アニの集大成 中二病でも恋がしたい!に記載。涼宮ハルヒの憂鬱のオマージュではないかと思われる。個人的に京アニは涼宮ハルヒの憂鬱に始まり、この作品で終わった感がある。これまで京アニが積み上げてきた全ての要素を内包しており、1期の完成度はかつて類を見ない高さ。ただし、2期は蛇足だったかも…。実はアニメと原作で展開が全く異なっており、原作もどこか懐かしさを感じさせる良作に仕上がっている。かなり望み薄ではあるが、原作準拠のリメイクも見てみたい。

3位 やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。終
このライトノベルがすごい!で3連覇を果たした作品。ここまで考えさせられるラブコメ作品は珍しい。そしてここまで気になる終わり方をしたアニメも前代未聞。綺麗に完結させることができればライトノベル史に残る屈指の名作となるだろう。三角関係の行方は原作でも未踏の領域で各所で考察がなされている模様。筆者の考察はやはり俺の青春ラブコメはまちがっている。11巻 感想にて。早く原作12巻とアニメ続編が出ますように…。

4位 冴えない彼女の育てかた Girls Side
現在最も期待している作品。原作7巻は涼宮ハルヒの消失を読んだときと同じくらいの衝撃を受けた。2017年春の続編放映が既に決まっており、衝撃の7巻がアニメ化されると思われる。以前に原作から予想する冴えカノ2期の構成という記事を書いたが、ストーリーの連続性を考えるとGirls Sideは2期とは別枠のような気もする。Girls Sideは7巻の裏側にして、第一部の集大成。OVAでのアニメ化を期待。

5位 ソードアート・オンライン プログレッシブ
異世界系の代表作品。プログレッシブはアインクラッド攻略を第1層から書き直すという壮大な試みで、原作は4巻にして第5層という恐ろしい進捗状況。これが第75層まで続くというのは正気の沙汰ではないが、本編アリシゼーションの100倍面白い。第1層のフロアボス攻略後にアスナと別れていなかったという衝撃の展開で始まるプログレッシブはアスナ追憶編と言っても過言ではない。詳しくはSAOプログレッシブ4巻 感想にて。製作サイドが原作の続く限りアニメ化していくと明言しているので、プログレッシブも是非アニメ化して欲しい。

2016年10月2日日曜日

覇権のゆくえ

アメリカ合衆国が孤立主義に回帰しようとしている。大統領選挙に勝つのはヒラリー・クリントンだと思うが、トランプ旋風はアメリカ国民がこれ以上世界の面倒ごとに巻き込まれたくないと考えていることを明らかにした。これまでアメリカ合衆国は世界の警官としてアフガニスタン、イラク、シリアに軍事介入を行い、クリミア紛争ではNATOの中核としてロシアに対抗してきた。そして現在は南シナ海問題で中国と対立し、日本、韓国、フィリピンといった同盟国と中国の封じ込めに奔走している。しかし、アメリカ合衆国の一強時代は終わりを迎え、日本やドイツといった先進国だけではなく、中国を筆頭とする新興国が世界経済において重要なプレイヤーとなってきた。アメリカ合衆国が世界一の超大国であることに変わりはないが、その経済力は相対的に落ち込んでいる。国際秩序の安定は必要なことだが、何故アメリカ合衆国だけが莫大な軍事費を支出し続けなければならないのか。ドイツや日本といった同盟国は自力で地域の安定を維持するべきであり、ロシアや中国と対立を続けるのも得策ではないとアメリカ国民が考えるのも自然なことである。新興国の経済成長が今後も続くものと仮定すれば、アメリカ合衆国でトランプの政策が支持されるのは時間の問題である。

しかし、現在の国際情勢でアメリカ合衆国が孤立主義に回帰するのは極めて危険である。ロシアと中国は領土的野心に溢れており、特に世界第二の経済大国となった中国の国力は凄まじい。アジアやアフリカの新興国に次々とインフラ投資を行い、事実上の軍事同盟にまで至っている国も多い。国際金融の面でもAIIBを設立し、人民元はついにIMFのSDRに加わった。EU脱退を決めたイギリスは先進国の中で真っ先にAIIBへの参加を表明し、中国に接近している。イギリスはアメリカ合衆国の最重要同盟国であり、歴史的な経緯からしてもイギリスの裏切りはアメリカ合衆国にとって相当なショックだったに違いない。ドイツ、フランス、イタリアといったヨーロッパの主要国は軒並みAIIBに参加することとなり、ヨーロッパがアメリカ合衆国のコントロールから離れてきていることを見せつけた。

このような情勢下でアメリカ合衆国が孤立主義に回帰すればどうなるだろうか。ロシアのクリミア半島併合は確定し、かつての勢力圏だった東ヨーロッパを奪い返しにくるだろう。中国もアメリカ合衆国が介入しないと分かれば、南シナ海は言うに及ばず、いずれは台湾併合に乗り出すのではないか。日本も相当な危機に直面する。アメリカ軍が撤退した後の沖縄は中国にとって絶好の標的である。ここに至り、中国とロシアに真っ向から対抗することを選ぶ国が二つ現れる。それはドイツと日本である。EUの盟主となったドイツはアメリカ合衆国に代わって東ヨーロッパをロシアから守るべく立ち上がる。日本も中国の脅威から身を守るべく、戦前のように急速な軍備拡大を行う。韓国、フィリピン、ベトナムといった周辺国も中国の脅威を受けて日本に接近するようなる。そして第三次世界大戦は驚くべきことにアメリカ合衆国不在の状態で行われるのではないか。

第三次世界大戦の主な戦場は東ヨーロッパと東アジアである。東ヨーロッパでロシアに対抗するのはドイツ、ポーランド、ウクライナの三か国である。多くのヨーロッパ諸国はドイツ寄りだが中立を維持し、イギリスだけは早くもロシアへの接近を試みるだろう。東アジアでは日本、韓国、フィリピン、ベトナムが中国に対抗する。中国陣営に入るのは北朝鮮、ラオス、カンボジア、ミャンマー、カザフスタン、バングラデシュ、パキスタン、スリランカといった国々である。アメリカ合衆国、日本と共にセキュリティーダイヤモンドを担うはずのオーストラリア、インドはいずれも日和見な態度で日本には味方しない。アメリカ合衆国の参戦がなければ中国が勝利する可能性が高いためである。アメリカ合衆国さえ参戦すればヨーロッパもアジアも大多数の国がアメリカ陣営となるだろう。しかし、アメリカ軍のいない戦場においてドイツと日本に味方する国がどれだけいるだろうか。そして同盟国を見捨てたアメリカ合衆国もいずれ中国とロシアに滅ぼされるだろう。