2017年8月21日月曜日

Amazonカスタマーレビューに基づくゲーマーズ!人気ヒロインの分析

Amazonカスタマーレビューより

星5つ
1巻 青春コンティニュー 17
2巻 不意打ちハッピーエンド 7
3巻 初恋ニューゲーム 7
4巻 無自覚クリティカル 9
5巻 全滅ゲームオーバー 13
6巻 告白チェインコンボ 17
7巻 口づけデッドエンド 8
8巻 逆転バックアタック 8

平均値
1巻 青春コンティニュー 3.7
2巻 不意打ちハッピーエンド 3.9
3巻 初恋ニューゲーム 4.7
4巻 無自覚クリティカル 4.2
5巻 全滅ゲームオーバー 4.4
6巻 告白チェインコンボ 4.8
7巻 口づけデッドエンド 4.6
8巻 逆転バックアタック 3.6

総レビュー数
1巻 青春コンティニュー 31
2巻 不意打ちハッピーエンド 14
3巻 初恋ニューゲーム 9
4巻 無自覚クリティカル 17
5巻 全滅ゲームオーバー 19
6巻 告白チェインコンボ 18
7巻 口づけデッドエンド 12
8巻 逆転バックアタック 22

ゲーマーズ各巻のAmazonカスタマーレビューを見ていたら、意外な事実が浮かび上がってきたので紹介。星5つの数を見ると1巻と6巻が突出して多く、特に6巻は平均値でも4.8という最高値を記録していることから、既刊8巻の中で6巻の評価が最も高いことが判明。6巻の重要な出来事としてはサブタイトルの通り、雨野→天道さんへの再告白と合わせて、千秋→雨野への告白があった。どちらかと言えば千秋→雨野への告白が6巻のメインであり、6巻の評価が高いということは千秋の人気が高いということの裏付けになるのではないか。また、千秋の重要イベントとして欠かせないのが、千秋が雨野の正体に気付く3巻である。3巻は総レビュー数こそ少ないものの、平均値は6巻に次ぐ高さを示していることから、千秋の人気は相当に高いものと思われる。

千秋の次に人気があると思われるのが亜玖璃である。亜玖璃は親友の彼女というポジションであるにも関わらず、3巻からヒロインの片鱗を見せ始め、4巻と5巻では物語のメインとなっている。4巻と5巻は星5つの数が1巻と6巻に次いで多く、総レビュー数も4巻から急増しているため、亜玖璃の人気が低いということはないだろう。カスタマーレビューでは雨野×亜玖璃という斜め上の展開となり、良い意味で予想を裏切られたという感想が多かった。錯綜関係の中心人物と言える存在であり、雨野×亜玖璃の関係性は天道さんの天丼芸と並んで、この作品最大の見所だと思う。

問題はメインヒロインの天道さんである。天道さんが物語のメインとなった1巻と2巻はいずれも平均値が低い。1巻は星5つの数こそ多いものの、これは総レビュー数の多さに由来するものであり、純粋な評価に含めるべきではないだろう。天道さんは2巻で早くも雨野の恋人となってしまったため、逆に物語の中心から遠ざかってしまった。3巻から千秋ルートと亜玖璃ルートの可能性が浮上し、4巻と5巻では雨野×亜玖璃、6巻から8巻は雨野×千秋に焦点が当たってきた。双六に例えると、天道さんだけが一早く上がりを決めてしまい、その後のゲームに参加できなくなってしまったという状況である。この状況で天道さんが人気を獲得するのは困難であり、千秋と亜玖璃にとっては有利な状況が続いてきたと言える。そのため天道さんが雨野との別れを決めたのは、ある意味では必然であった。逆説的ではあるが、天道さんも再びゲームに参加できるようになったことで、天道ルートを進めていくことができるようになったのである。現状では千秋、亜玖璃、天道さんの順に人気が高いと思われるが、順位の変動は十分に有り得るだろう。

2017年8月19日土曜日

ゲーマーズ!錯綜関係の本質と亜玖璃エンドの可能性

アニメの評判も上々の本作。直近の6話では原作2巻「不意打ちハッピーエンド」のラストまで進行し、言い間違えとはいえ雨野と天道さんのカップルが成立。これで錯綜関係も一件落着かと思いきや、ここからさらに錯綜させていくのが葵せきなの真骨頂。雨野×天道、上原×亜玖璃という両想いのカップルが既に成立しているにも関わらず、何故か恋人への浮気疑惑は以前より深まっていく。特に天道さんと千秋とのW浮気疑惑をかけられている上原の状況が酷いことになっており、雨野と関わってから亜玖璃との関係は拗れるばかり。そして学園のアイドルである天道さんは雨野と付き合うことでポンコツ化に拍車がかかっていく。

原作未読者にはネタバレになるが、3巻「初恋ニューゲーム」では雨野の正体に気付いた千秋が本格的に錯綜関係に参戦したことで状況は混迷。4巻「無自覚クリティカル」で雨野×亜玖璃の疑惑が真実味を帯び始め、5巻「全滅ゲームオーバー」の雨野×亜玖璃キス未遂で疑惑はピークに達する。6巻「告白チェインコンボ」では雨野→天道さんへの再告白で錯綜関係が一時的に解消されるが、千秋→雨野への告白で錯綜関係が再開。7巻「口づけデッドエンド」では千秋に敗北感を覚えた天道さんが雨野に別れを告げ、同様に雨野に敗北感を覚えた上原も亜玖璃に別れを告げる。8巻「逆転バックアタック」でも雨野×天道、上原×亜玖璃の両想い関係は継続しているが、雨野が千秋への恋愛感情を自覚したことで、天道×雨野×千秋の三角関係がついに顕在化してしまう。

登場人物全員が浮気疑惑をかけられており、さらに疑惑の一部が疑惑ではなくなるという複雑な展開。ただし、この錯綜関係は本質的には2組の三角関係に整理できると思う。それは雨野を中心とした天道×雨野×千秋の三角関係、亜玖璃を中心とした雨野×亜玖璃×上原の三角関係である。この2組の三角関係が相互作用を及ぼしながら同時並行で進展しているため、ここまで複雑な錯綜関係が生まれてしまった。このように物語を構造化すると、本作の主人公が雨野である理由がよく分かる。それは彼が2組の三角関係を結び付ける結節点の役割を果たしているからに他ならない。

錯綜関係の本質が2組の三角関係にあるとすれば、この物語の最終的な着地点はどこになるのか。普通に考えれば雨野×天道、上原×亜玖璃という当初の両想いカップルに戻って終わるのだと思う。それは天道さんが紛うことなくメインヒロインであるためだ。天道さんからゲーム部に誘われたことが物語の始まりであり、1巻を含めて3回も天道さんが表紙を飾っていることから、天道さんがメインヒロインであることに疑いの余地はない。メインヒロインと結ばれない物語は稀であることから、最終的には雨野×天道のカップリングが予想され、雨野が天道さんと結ばれる以上、必然的に上原×亜玖璃のカップリングも成立することになる。

しかし、上記の展開は構造的な欠陥を抱えている。それは雨野を中心とする三角関係、亜玖璃を中心とする三角関係が個別に解消されてしまう点である。ここまで錯綜関係を練り上げてきた物語のラストとしては明らかに違和感を覚える。2組の三角関係が有機的につながることで、ゲーマーズ最大の魅力である錯綜関係が生み出されてきた。だとすれば、錯綜関係が解消されるラストの展開としては雨野×亜玖璃のカップリング成立による錯綜関係の清算以外に考えられない。亜玖璃は確かにメインヒロインとは言えないが、雨野と同様に三角関係の中心にいるキーパーソンであり、構造的にはもう一人の主人公と言っても差し支えない存在である。錯綜関係の本質を考えれば、雨野×亜玖璃のカップリングこそ物語の着地点に相応しいと言える。

2017年8月7日月曜日

中小企業診断士受験記録Part2

中小企業診断士1次試験に無事合格。

経済学・経済政策80
財務・会計72
企業経営理論65
運営管理72
経営法務68
経営情報システム72
中小企業経営・中企業政策63

合計492点で全科目60点超えという中々の高得点。とは言ってもTACデータリサーチで1253人中90位なので上位7%といったところか。最終的に合格率4%程度の試験であることを考えると、実はこのレベルでは2次試験突破はやや厳しいという事実。まぁ、2次試験は論述式なので、マーク式の1次試験と単純に比較することはできないけど。

科目別に見ていくと、運営管理の出来が一番良かった。TACデータリサーチでは上位1%という結果。運営管理は特に得意科目という意識はなかったが、確かに過去問でも毎回コンスタントに得点できる科目だったように思う。運営管理は2次試験の事例Ⅲ生産・技術に関わる科目なので、2次試験でも安定した得点源にできるようにしたい。今年の運営管理は例年より難化したようで、予想外に点数が取れなくて撃沈した人が続出している模様。

次に出来が良かった科目は経営法務で、TACデータリサーチでは上位2%という結果。経営法務は正直苦手意識のある科目だったので、この結果には結構驚いている。これなら東大法学部でもやっていけたかもしれない。こちらも例年より難化したようであるが、受験中そのような印象は受けなかったので使ったテキストが良かったのかもしれない。なお、使用したのはTACスピードテキスト。

点数が最も良かった経済学・経済政策は上位4%。この科目は正直言って大学の教養レベルであり、経済学部の出身者であれば少し勉強すれば高得点を期待できると思う。暗記科目が多い中で経済学・経済政策は暗記要素がほとんどないので、個人的には心のオアシスと言える科目であった。難易度も例年並だったらしく、この科目を得点源にした受験生は多そう。

一番好きな企業経営理論は思ったより点数が伸びなかった。TAC模試ではこの科目が唯一圧倒的な成績を収めていたが、本試では上位18%という結果に。2次試験の事例Ⅰ組織、事例Ⅱマーケティング・流通に関わる科目であり、何より経営戦略への興味からこの資格を取得しようとしている自分としては圧倒的な強さを見せつけないといけなかったのだが…。今回の1次試験で一番残念だった。

同じく上位18%なのが経営情報システム。一番苦手にしていた科目だったので、まずは40点を下回らずに一安心。去年の反動から今年は易化したようだが、まさか70点を超えるとは思わなかった。ただし、ITへの適性の無さは勉強中に実感しているので変に自惚れたりはしない。IoTとかAIとか可能性が無限に広がっていて面白くはあるんだけど、やはり自分の得意分野で勝負しないとね。

衝撃的なのが財務・会計。点数こそ70点を超えているが、今年は易化した年のようで上位42%という結果。ほぼ平均じゃん。試験中は80点は確実、もしかしたら90点オーバー??とか思っていたのに。過去問では80点を切ったことが無かったので、どうして易化した本試でこんなに下がったのかは検討の必要有り。2次試験の事例Ⅳ財務・会計に関わる科目であり、合格する受験生のほとんどが事例Ⅳを得点源にしているようなので今後の特訓が必要。毎日やるべき科目。

ラストは中小企業経営・中小企業政策。上位44%という結果についてはあまり文句はない。勉強前は面白そうな科目だと思っていたが、蓋を開けてみれば一番の暗記科目でひたすら退屈だった。前半の中小企業経営は地理的要素のある統計だから面白さを感じたけど、後半の中小企業政策は覚えるだけで辛かった。各政策の生まれた背景がイマイチ分からなかったのが原因だと思う。背景まで記載する余裕がなかったものと思われるが、TACにはテキストの改善を求めたい。

2次試験まで残り2か月半。何とかストレートで合格させていただきたいところ。